FC2ブログ
みんな 見て見てインターネットクラブ
インターネットクラブ何かを・・・やっていきたい・・・と思って3年のぞきにきてください。他のサークルの会をされてる方簡単なサークルの中でみんなで出来るアイテム 教えてください。
税金調査,・日本語?のたたかい
今日も税金(税務)調査の話。
中小業者への調査は概ね、任意調査だ。だから、納税者の協力をもって行うと行政運営上も「指示」されており、国会でも事前通知の励行や調査理由の開示が決議されている

税務署はこの決議や、憲法31条「法定手続きの保障」「法律に定める手続きによらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、またはその刑罰を科せられない」を守らなければならないのがほんとのところだ。

ところが、納税者「調査の理由は?」税務署員「所得の確認のためです」のやり取りを調査の現場では繰り返している。今日も一時間ほど同じ話をした。
署員は調査対象として「選定」「選んだ」ことは否定できないのだが、「確認して来い」としか(上司から)聞いていないという。それでは上司に理由を聞いてほしいと頼んでも「聞いても確認のためとしか言わないでしょう」と、なぜそれほどの自信?があるのか断言している。

国語辞典では理由とは(そう判断したよりどころになる事柄、わけ)であり、目的とは(得ようとして狙うもの)とある。
どうも、税務署員にはそこのところが分からないようである。署員に「あなたのところに税務署は所得の確認のためと突然現れたら、納得できますか?」と問うと「来たことがないからわからない」という。まともに考える気がないのか。・・・
憲法や税法を理解する前に日本語?のたたかいとなっている。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © みんな 見て見てインターネットクラブ. all rights reserved.