FC2ブログ
みんな 見て見てインターネットクラブ
インターネットクラブ何かを・・・やっていきたい・・・と思って3年のぞきにきてください。他のサークルの会をされてる方簡単なサークルの中でみんなで出来るアイテム 教えてください。
払えない人にこそ憲法の厳正な適用を!
「こんな税金一度には払えへん」会員さんの相談で、税務署に行って来た。彼女は諸事情で税理士に申告を依頼しているが、今年になって売上が急減、本来の事業主である彼女の息子も精神的に落ちこんで病気であるとか。これは、当然納税の緩和のケースか、ということで、「相談」にいったわけ。

ところで、まず最初は「本人以外は(本人んじゃないけど・・・)、席をはずしてくれときた。お母ちゃんも頑張って「私も体の調子も悪く、ついてきてもらってるのに・・・」と少し腰が引き気味ながら立会いを要求した。

ここで、2月16日の税務署交渉の課長の回答がものをいったわけ・・。

立会い拒否するのは行政指導かどうかを聞いた。担当官は答えられないので、「総務課長は行政指導だといったよ」と「教示」すると・・担当の彼は困っていたが、「相変わらず守秘義務だとかどうだとか」
「お願いしている」と彼は言うんだが、強制しようとするので、「行政指導かどうかに」にまた話を戻して

この中で、同席は黙認した・・話はすすんだ、銀行の話が出て、「秘密だとかなんだとか」いうので、ちょっと席をはずして、彼女にひとりで応対してもらった

そうすると、担当の彼は分割して納税すると、延滞金が14、6%かかると「脅し?」たわけ。
彼女は、民商さんと声を上げて、再度同席参戦とあいなった。

担当の彼は今度は税理士法違反のおそれとか言い出した。「どこが・・・」って聞くと、参戦直後に「換価の猶予をしてほしい」と当方がいったことを捕らえて・・「税理士法違反に抵触する」だって、しかし、「なんで」と聞くと、やっぱり無理があると思ったのかその論は引っ込めた。

換価の猶予なって難しい法律用語、税理士以外は知らないと思ってるんかな、税務署は、庶民はもっと無知のはずであるか・・・?素人を甘く見たらあかんよ・・・?ね

彼は「換価の猶予が適用できるとはいえない、病気と収入が減っただけではできない」と断言していたが、まだ、あんまり事情聞いてないくせに、できないということだけはいやにはっきり言う。

まあ、しかし、当方と彼女の頑張りと、払えないという事実から、2,3ヵ月後に再度相談、その間、こちらの言い値でしはらうことになった。

納税者の権利、なにもしらないで行くと「14,5%も延滞金つくぞ」と脅された挙句、とにかく払えというんだろうか・・・払えない納税者こそ憲法の厳正な適用が求められ、そして闘いが必要という例だ。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © みんな 見て見てインターネットクラブ. all rights reserved.