FC2ブログ
みんな 見て見てインターネットクラブ
インターネットクラブ何かを・・・やっていきたい・・・と思って3年のぞきにきてください。他のサークルの会をされてる方簡単なサークルの中でみんなで出来るアイテム 教えてください。
桝添大臣がいやになまなましい、年金特別便
年金特別便は青緑の封筒だった・・・?近頃、「これ間違いないと回答してどうもないか?」という質問がちょいちょいある。

今日、その質問の元になる年金特別便の現物をみたら、青緑、安心していいのやら、社保庁は目立つ色は赤色じゃなかったのかな・・・?

答えろといわれても困るといっていたおばあさんもいた。「だって国民年金ここに書いてる以上かけたかどうかなんか、覚えてないし証拠もないわ」・・・よって、回答してもどうもないかという質問になったわけ・・・

わからんと書いとこか?もっとかけてるぞ証拠はないけどと書いとこか・・・
いろいろ知恵は出てくるのだが。まあ,厚生年金の会社が書いてあるのはわかるんやけど。

ウ~ン、難しい質問

ところで、この特別便、必ずご確認・ご回答お願いしますの表題の説明文に、あの厚労大臣の名が本人の自筆やろな、そこだけいやに目立つ印刷になっているのが妙になまなましい手紙である
スポンサーサイト





ひとりひとりが主人公、一番は班会
金曜日に会長宅にて、政治を語る懇談会が開かれた。どこでやるんやろ、下のガレージかな?と思いきや2階のいつもの部屋を貸してもらって、ぎっしり近所の人など集まった。もちろん民商会員さんも多数参加。「近頃の若い人はおとなしすぎる」「もっと昔は活気があった」
要求の切実さと政治への怒りの深さゆえの言葉がほとばしった。
しかし、一人の人があんまりしゃべると、ほかの人が者がいえない、あっという間の時間。

翌日土曜が、会長所属の班の班会。班会の会場主も「今日集まったしええやろ」の声もでていた。
でもでも、決めてる、毎月班会やんかと開いてみれば、会員だけでしゃべりあって、もりあがったと聞いた。班会はみんながしゃべれて、一人一人が主人公、やってよかった班会だ。





国民を見下ろす「タテ社会」の税務署
再開した税務調査、なぜ調査なのか、調査理由がやっぱりなっとくいかない。調査になったご本人は、先日単身税務署に乗り込んで、かの調査官の上司、おそらく統括官という官職の人物だろうに、調査理由をただした。

その統括官、それに答える必要があるか・・・というような「答え」をしたとか。

納税者でり、主権者である彼は憤慨して「税務署員とわれわれは対等ではないのか」と怒る。

対等どころか、国民主権のわが国では、国民は主人公であり、公務員の署員には、納税者国民に誠実に説明し納得を得る義務があるというものだ。

しかし、現場の署員もかわいそうで調査理由を何度尋ねても「確認のため」としか聞いていないという。どこを調査するか「選定した」事は否定できないのだが、なぜここを選んだかを「確認のため」としかいえないのは、上司の指導でありそれをいい続けるしかないのだろう。

税務署をでるとそういうのは国語力の不足というべきことだが、それにしても現場職員はつらい。

ところで、答える必要があるかは、先日の自衛隊の幹部が、イラク派兵違憲判決に「そんなの関係ない」といったセンスと通じるものがある。

警察もそうだが、税務署、自衛隊も「タテ社会」で、上司の命令は絶対なんだろ。そういう職場では、人を説得、納得させる必要がないので、あきれた言動、暴言が次々出るのではと思わざるを得ない。

ここでも憲法にうたわれた、国民不断の闘い・取り組みが求められているように思う。


やっぱり出していた赤い封筒
昨日の続き、区役所国保課はやはり、赤い封筒で滞納者に督促状を送りつけていました。

国保課に電話をかけてみると「真っ赤ではないが赤い色の封筒を出している」「何度か督促しても連絡のない人に、見落としのないように目立つ色で出している」んだそうです。

目立つ色がいいんなら全部の通知をそうしたらと言ってみたら、返答に困っていた空気がありました。

滞納者、連絡がない人は、即悪いというイメージで脅かすような赤封筒ではないかと思うのが自然だと思うのですが、いかがでしょうか?

赤い封筒は、みんなでつくったといっていましたので、全市的に在庫があり使っているんでしょうか。

税は使っていないとか・・・?国保という命のかかった部署にいる人たちがやっていることに、その無神経さに腹立たしさを覚えます。

連絡がない人といいいますが、職員の皆さんが出かけたり、電話したりと、顔をあわせて事情を聞く努力はしたんでしょうか・・・・?気になる「赤い封筒」です。


赤封筒での国保督促、うちにも来た!
毎月班会を開いている優秀班が昨日も班会を開いた。

定刻8時、すだれ屋のおっちゃんが暖簾をくぐって登場、「国保減免した金返せと言うてきよった」一部取り消しなのだ。「2回も区役所行ったけど、絶対変えよらへん」怒りがほとばしり、口が止まらない

向のタバコ屋のおばちゃんがきょろきょろしながら入ってきた。「おっちゃん久しぶりやん」とにぎやかになる。

「この間民商ニュースに出てた赤い封筒、うちにもきた」「国保料の前の分が少し払えてへんかった」「赤い紙やしびっくりして主人とお金を持って行ったわ」というすぐ後から、「でも脅かされて腹たった」らしい。

民商で今度の交渉の時には文句言わんとあかんなあ、言うといてやと「意見」の一致を見た。

しかし、香川のことだけでなかった。うちの足元でも「人権侵害」のような脅しの赤封筒をだしていたなんて、物申さねば、市の施策が運用で知らないところでおかしくなっているんだ。


税務署からお手紙?あれなおせ、これもってこい
確定申告がおわったと思ったら、早速、税金調査の再開を言ってきたり(確定申告終盤延期となっていたもの)、なにやら計算間違いがあるとか、保険の証明がないとか、税務署は通知を送ってきている。

通知はついたとたんに「25日までに返事せよ・・・」なんて急がすし、受け取った納税者は」不安になる。

困ったときのん民商である。顔をあわせて、「これはこういう言うことらしい」というだけで、会員さんのほっとした安心した笑みを見せる。

後期高齢者医療やら、介護保険の通知やら、はたまた、来てほしくない税務署の手紙やら、なにかと相談したことが増える4月、また集まって話し合うことが楽しみといえば不謹慎かな?


同じ釜の飯食べて団結!
昨日の春の運動ご苦労さん会・・京商連が開いてくれたが、京商連三役の出し物がよかったですよ。

スーダラ節の替え歌で民商役員・五萬節、県連事務局長がエレキギター?をかき鳴らし、会長副会長が音頭取る。

京商連の「文化水準」の高さを十二分に発揮していた。

同じ釜の飯という言葉があるが、先日開かれた北区・西京区、そしてうちと3民商の交流会でもだが、一緒に飲み食べるということが、人間の集団への欲求を満たし、一気に「仲良くなる」「または打ち解ける」という現象を生み出すようだ。昨日はわがテーブールでもその仲良し状態が一部に見られた?

一皮向けた企画でどう力になるかは未知数だが、京商連3役の皆さん、ありがとうございました。



9条の会、上京まちウォッチング決まる!
9条の会上京の連絡会の会議が開かれた。継続は力なり、住民の過半数を憲法守る側に立ってもらう運動、9条の会ができて、初めて憲法守る草の根の「組織活動」が始まった。

まあまあ、いろいろな意見が飛び交った。

運動を継続していると知らしめることが大事と、上京まちウォッチング、権力者の本質と平和を願った庶民の生き様と銘打った取り組みを行うこととなった。



ときは6月1日(日)午前10時上京民商集合にて、上京のまち大好きの古武さんの案内で歩くことに

出水空襲の爆弾の破片?も店の前に展示している油店や出水空襲の碑、皇紀2600年と彫られた

日の丸掲揚台など戦争と平和をめぐる闘いをしのびながら歩いてみようという企画、12時半ごろには

終了し、どこか、民商会員さんのお店で9条の運動についても交流しようということもオプションでやろう

となった。昨年12月の映画と戦争展に次ぐ第2弾の取り組みとなる。

雨はどうしよう?と心配だが、ぜひご参加を!



人権感覚に疑問?税滞納督促に赤封筒
うちでは税のしるべっていう新聞を取ってるが、最近驚く記事があった。

香川県では住民税の高額滞納者に、赤い封筒に入れた警告書を送った結果、6割がた分納約束や完納したりと「成果があった」ということだ。

見出しには「赤封筒で警告書送付」「徴収効果大」と字が躍る。結局この記事を書き手は「脅かしたら払った、効果あり」といいたいのだろうか、滞納者即悪というイメージで考えているようで、恐ろしい人権感覚ではないだろうか・・・?

払いたくても払えない納税者の実態を、困っている人こそ自ら語って、納税緩和措置を勝ち取っていかなければと思う記事だ。

がんばろう民商


借りなかったら「事故報告」するぞ?詐欺かもぐり金融か
あら手の詐欺か?今日の相談は「以前見たネットの融資話、申し込もうかと思ったが、やめといた」「最近、金を貸すという電話がかかるようになって、今日は、申し込んだのに借りなかったことで事故になったと報告するぞ」と脅かされたという方から

この手の詐欺は脅かすところに唯一の彼らの策がある、今回も「申し込んでいないのに」「どこに事故報告するんやら」とにかくはっきりさせずに「事故、事故」とあおるわけだ。

この方は商工新聞をよく読んでいる読者、やっぱり人間、大丈夫と安心できる一声が大事なんです。
電話での「大丈夫、そんな電話断りなさい」に安心した声が返ってきた。

しかし、怖いといえば怖い世の中です。安心できる相談相手やご近所仲間が大事なですね!


さくら4大ポイントはいかに?
さてさて、ご当地、京都市内中心部は、今さくらが真っ盛りを過ぎて、それはそれで情緒がある。

6日日曜は大変グッドタイミングでしたが、翌7日月曜の雨がいけません。

ところで、さくらの4大ポイント、お寺、学校、公園、川沿いなんですね。上京あたりの街中では、堀川の今出川下がるあたりなかなかのもの、寺のうちのさくら公園、上立売の公園、同志社大学などもよろしい。お寺では立本寺や釈迦堂のしだれ、そしてなんといっても御所のさくらがいろいろあって目を楽しませます。

家々のさくらもまたそれはそれでよいもので、あっちむいたり、こっち見たりときょろきょろしながら自転車で走る毎日今日この頃です。


税務署ビクビク?の捜査費情報開示
昨日の続きってことは税務署の黒塗り用紙のこと・・・!

開示されているところと、黒塗りの特徴がひとつわかった!大発見!

支出項目がひとつの場合は、上段記載の金額も黒塗り、そして項目2つ以上の場合は、上段金額を公開しているようだ。

たとえば、2007年10月分の捜査費支払い明細書、使用区分、金額、債主住所氏名、が黒塗りだが、整理番号1としかない1項目の用紙5枚は本月受入高、本月支払高いずれも黒塗り、1枚だけ2項目にわたるもの、整理番号が1,2と2段書きの場合は、受入高5700円、支払高5700円と明記されている。

これはなぜか?おそらく金額から何に使ったのかを類推されるのが「困る」からか?

不開示とした理由には「これを公にすることにより、調査対象とされる予見可能性を与えるとともに、税務調査において正確な事実の把握を困難にするおそれまたは違法若しくはその発見を困難にする恐れがあるものであることから・・とある。

おいおい、金額をかりに3000円とかいてあったとして何がわかるんや?よっぽど悪いことをしているような気配がするが、みなさんどうでしょう・・・またまた続きは明日に・・・



税務署には捜査担当官がいた。黒い手帳持ってるんやろか?
上京税務署に情報開示請求をしていた「捜査費支払い明細書」のコピーを受け取った。案の定、真黒に塗りつぶされてはいるが、あんまり真っ黒けではどうかとおもったのかどうかは定かではないが、ちょっと金額や官職名が記載されている。

まず、当部門の捜査担当官(黒塗り)にかかる捜査費について、次のとおり支払ったことを保障する。
と書いてある。ふんふん、それでは「捜査の担当官」がいるのか・・・?確か、税法の任意調査の規定では税務署員の検査権限を定めた項目で「犯罪捜査のためと解してはならない」と但し書きの項目まであるのだが、そんなの関係ねえ~とでも言うかのようなネーミング

そしてお金の流れは、吉田某という統括国税官が財務事務官という官職で、東税務署総務課長から「資金」を受け取り、署内の捜査担当官に渡すらしい・・・なにやらくさい雰囲気じゃないかな?

東税務署とは大阪やろか?

去年の9月には8件で、10800円と3010円が支払われたと記載されている。

この9月、あのお昼定食をしている店に確か税務署がめしを食べに来て、その1,2週間後に税務調査になった、そうあのケースであるかも・・・

今日はぱっとみの印象報告、詳細といても真っ黒けの紙ばかりだが、詳細は又今度・・


年金免除申請書!人によってはくれません?
年金かけてないという会員さんの子ども、免除申請しようとなって、母親が区役所に行った。そこで、問題・・?「免許証もって?本人に来てもらってください」と申請用紙さえもらえなかったそうだ。

電話して聞いてみた。電話口に出てきた女性は「何かの手違い・・・?」とあやまっていたが、追い返された市民はたまったもんではない。

応対した(ふっくら肥えたおじさんと母親いわく)職員が知らなかったのか、はたまた、長年の未払い者だから事情を聞かねばと勇み足で「追い返したのか」

もうひとつ、今朝方、「なあなあ、年金特別便?がきたから、朝1番8時半から受付して1時間待って、上京社会保険事務所でやり取りしたら、3箇所も働いていた会社が抜けていたことがわかったんやわ」「これで掛け金総額で100万円ぐらい抜けてたんよ」・・・と50代の女性の話、いや~身近に聞くと年金心配ですよね・・・・・

公務労働にはもっと量質ともに改善が必要かがわかる事例だ・・・民営化などもってのほか。


9条の会上京連絡協議会でまちウォチング企画中
こないだ、9条の会上京連絡会、ウン協議会やったかの会議をうちの事務所でおこなった。7人の侍があつまって、憲法論議・・・いやなにやらあんちょこがいるだとか、本をつくろうとか、とにかくいろいろと話し合った。

やっぱり、年の功で、年長者はちがいます・・・「運動には見通しがいる」とかなんとか最後のころに含蓄のある話をしてくれたが、いかんせん聞いているこちらの理解力が・・・・・?

9条守る運動をどうするか。上京をこよなく愛するFさんが「権力者の営みと本質を上京区1200年の歴史に訪ねてという仮称タイトルでのまちめぐりウォチングをすることになった。

5月中旬だ・・・期待してください。




Copyright © みんな 見て見てインターネットクラブ. all rights reserved.