FC2ブログ
みんな 見て見てインターネットクラブ
インターネットクラブ何かを・・・やっていきたい・・・と思って3年のぞきにきてください。他のサークルの会をされてる方簡単なサークルの中でみんなで出来るアイテム 教えてください。
マンネリ?の晦日を迎えるか?
月並みですが?いよいよ今年も押し詰まってきた。
トンとご無沙汰の会員さんにも会費下さい、集金ですと足を運びたいのだが、それがなかなかなんだよね。

「28日にもって行きますわ、何時まで事務所に居ますか?」こんなやり取りを電話した後、又すぐ電話。「やっぱり、6時ごろ帰らはるとき店に寄ってください」と依頼?がある。

そういえば、昔も月末来てと大晦日に店に行くといなかったり、お金がないと言われたり。昔も今も、会費を払うことが民商会員の一番の自覚的な行為であるが、営業くらしがしんどいから、こんなことも起る!

励ましながら、会費を集める、会員どうしの集金なら会員どうしが励ましあい、時には愚痴を言い合いと相成る。

今年も同じように晦日を迎えつつある。これはやっぱりマンネリやろか?
スポンサーサイト





払うも集めるも、中小業者?
朝から電話あり、先日なくなった不動産屋さんの奥さんだ。なくなったご主人のしていた、雑居店舗の管理をするから、なにに気をつければいいかという相談。年金だけではたべれないし、70過ぎだがどうしてもやらんならんという。

つまり、家賃の集金を行うわけだが、やってみないとわからないのでその都度相談にのることにした。

中には家賃をとどこってる店子もいて、なんとなく民商の会員の顔が浮かんだ。そういえば、かなり民商にはいってるとかと奥さんが話してくれた。

払うも集めるも、悪政に 苦しむ中小業者なんだ。目の前の困りごとにもあたりながら、長いスパンで励ます、世直し運動で展望を切り開く必要があるんだと痛切に思った。


民商ボーリング大会、ラッキーと強運と実力さてどっち?
民商のボーリング大会、48人の腕自慢が参加した。どこにこんな人おったんか?が毎年の気持ちだが、今年も見慣れた風景に見慣れた人やら知らん人やら。

要求が人を組織するのがこの手の取り組みではぐっとわかる、遊ばんようになったらアカンのです。

ところで、ボーリングはピンの倒れる音やアクションが爽快だが、なかにはごろごろごろとゆっくりころがす御人もいて、様々である。
若い人は力があまってるかのようなピンアクション。残念がったり、拍手したり、アプローチのフロアーで踊ったりと、なかなかおもしろい?

僕もドタキャンのピンチヒッターで登場、まぐれでターキーが2回もでて、昔の美人にも喜ばれて、楽しい一夜となった。毎年のことで楽しみにしている人も多い。ゲーム後は表彰と景品を渡して、大抽選会で例年のようにお開きとなった・・・・くくく、はてさて、強運の星がついたか?特別賞のショールをゲットしちゃてさあ、今年はラッキーだった。来年が心配の声あり?


あの奥さんも民商か!
今、京都の民商ではバリッとした民商パンフを作って会員から業者に手渡してもらう活動を勧めている。

狭いもんです。渡したパンフをみた帯の袋を下ろしている会社の社長が声を上げた。「あめやさんお奥さんや」・・・そうそう呉服屋さんの奥さんがカラーで大写しで印刷してある。

あの人も民商はいってのんかと話題になって、民商がみんなの身近なものになっていくんでしょう。

それでも先月渡したパンフも「知らんなあ」という人もいるわけで、何回も次々と言葉掛けもして、「渡しまくる」としましょうか・・・・?


年末もやってますとにかく班会
年末はとにかく気ぜわしい!日にちがなんとなく少ないし、お金の支払いに追われ?集金もあわただしい。

年末の班会はやっぱり集まりが悪いようだ、去年のことを覚えていないが5年6年と毎月班会をしているあの班でも、会場の娘さんと向かいの奥さんだった。

今日はマンツウーマンでよかったとタバコ屋の奥さんが言ったが、まあそういうことにしておこう。

ジャケットに襟巻きを巻いていくと、今日はなにかあるんかという人、班会にでると「ヒマなんか?」と聞く人・・・・いろんな人がいる民商です。


税金の相談、民商の仲間と相談が一番!
今日の相談者は、事業を始めた人の妹さんで以前からよ~く知っている人。
税金の申告を来春する必要があるが、経費はどこまで「認められるか」というご質問。

事業に使った費用が経費と説明したが、仕事にも使う併用住宅に住まいし、今まで通勤に使っていた車やバイクを使って事業をするので、どこまでが・・・?と思ったんだろう。

事業に使った費用とは言うもの、むつかしい、難しく考えればかんがえれほど難しいものになってくるようだ、要は主権者たる納税者が自信を持って、しかも納得して申告できるかどうかだが、ここに、生活費にも税金がかかる過酷な税制度があるから「難しくなる」

やはり、集まって相談しあえる民商の出番、民商に仲間と一緒に考えようがわかりやすい答えだと思うのだが、さて彼女はわかってるだろうか?


おでんで役員会、京商連戴き1,000円威力発揮
桃園西陣支部の役員会があったそうな!支部の役員会を毎月やってきたというので京商連から金一封が出た。もらった金一封1,000円でビールを用意して飲み会と相成った?これぐらいでとまるかな?

支部長はおでんを仕込んでご馳走宴会になったとか?

それで、活動計画はさっぱり決まらなかったらしい・・・・

こんなこともあって集まることが楽しい、仲間の連帯が強まったと思えばごっつええ役員会でした。



上京税務署職権乱用認めるか?
13日、上京税務署から行政文書開示請求の回答があった。

木村総務課課長補佐がわれわれ民商会員などに上京税務署署内での移動を禁じた事件でその移動禁じた権限の根拠となった文書の開示を求めたことへの回答だ。

不開示との返事、その理由は《「開示請求に係る行政文書は、保有していないため(ないということ)不開示とします」》と記してある。(カッコ内は筆者注)

これでは、木村課長補佐は根拠もなく誰でもが立ち入ることのできる庁舎内の公共スペースへの移動を禁じたことになる。ワシが法律じゃとばかり、根拠もなく、おそらく、当日税務署にいっしょに出向いた納税者と民商の仲間を引き離したいという動機で勝手なことをしたのでは・・・?いろんな役所があるが、公共スペースで移動を禁じるのは税務署ぐらい

民商と納税者を分断したいという気持ちはこうして、法律も常識も考えられなくなり暴言を発し無理強いをするのでしょう。
木村課長補佐のその日の「名言?」は(移動を認めないのは)「私の権限です」だ。職権乱用じゃないか木村さん?税務署として謝罪が必要な結末となった。さ~て、謝罪するかどうか
、あの税務署だからわからんけど?


米屋三代目さんと語る班会
昨日は米屋さんで班会、雨降る中、これではどうかな?と思っていると案の定、米屋の主人と奥さんと私の3人となった。

半年振りやし、年末のこんな時に開いたんじゃしゃあないか。でもでも、いつでもどうぞと米屋のご夫婦が言ってくれるし、ゆっくり話せてよかった!とまあ前向きに評価しておこう。

主人は3代目さん、中学出た後からお父さんについて米屋さんをしてきたスペシャリスト。昔はリヤカーで米を運んで配達した話や桝で買いにくる家族がいてお金の払えない人には先代が貸してあげていたことなどを聞いた。

米屋さんは昔は地域の実力者だったのか、今の店舗付き住宅も昭和7年ごろの建築で当時で3万8千円だったとか。いまもほぼそのままの状態で使用されている。

他県に嫁に行った娘さんが「京都は小さなお店があっていいわ」と言ってるそうで、外に出るとわかる京都の良さかもしれない。
「小さなお店」にもっともっとがんばってほしいとお願いして散会した。


鳴子と拍子木で大活躍?
来年が市長選挙、京商連決起集会が開かれた。確か、4年ほど前にもきたことのある京都駅の横。

当方のお役目は、実行委員ということで5時半から出かけて、会場の外回りで看板を持って案内係、結構寒い?しごとだった。

上京民商からは老若男女20数名が参加、340人ほどの人に混じって、話を聞き、準備した?パフォーマンスを披露した。火の用心の拍子木でパンパンのパンと打ち鳴らし、鳴子を振ってジャラジャラ、控えめな声で中村市長候補応援シュプレヒコールを行なった。
発声練習をやっとくべきだった?

舞台に立った4人の役員も名演、まずまずの出来?会員さんは鳴子をづっと振っていてとりあえず鳴り物が好きなことがわかった。

選挙グッズのプレゼントも喜ばれたようだし、めでたしめでたし?かな?


改善できるとは言いいきらないのが役所らしい?
10日11時から30分なら会えると言われて区役所福祉事務所のある課長と懇談した。
物理的理由?で、市が行なう特別生活相談期間中に会えないからと開始前日のこの日になった。

課長からは相変わらず会議室などが、なんとかかんとか(声が小さいような気がする)、申し訳ないなんとかかんとか、言うのだが、今後は大丈夫とも言わないところがベテラン市職員らしい雰囲気だ。

横の民商との窓口になる係長は無表情で一言もしゃべらなかった。

市民の中の自治力としての諸団体の活動をもっと大事にしてもいいんではないか?
あったかな市政運営をすすめてほしいものだ。

なお民商の特別生活相談日は12日と通知し、それなりに対応してほしいと要望した。
さあ、明日12日、ほんまに会議室つまってるんかな?


人生はドラマ、相談日記より
12月8日は、日本が戦争おっぱじめた日、ジョンレノンが殺された日、そして私めが民商事務局にやってきた日である。

今年は、社保協の相談会の日、4人の相談者があったそうな。

年金掛け金もっとかけたはずだ、社会保険庁がミスしていると怒るおじいさん。奥さんに銀行の通帳を取上げられて「医療費がはらえん、どうしたらいいか」と困っている?おじいさん。
銀行に350万円騙し取られた?と次々と引き出したあとのある通帳を見せたおばあさん。

みんな相談相手、いや話し相手を求めているのか、人生はドラマだ。


京の紅葉みながら粋な新聞配りかな?
京都も寒くなってきた。班会で、もみじがきれいとひとしきり話になった。

先週東福寺参道が人でいっぱいだったとか、近場で御所の紅葉、堀川通りのイチョウの黄色く色づいた葉っぱが風に舞っているようすだとか、紫明通の赤と黄色、オレンジの紅葉のまざりあったようすがきれいだとか・・・・

いかがですか京都の秋、会員訪問も商工新聞配りもこんな様子の中、ママチャリでつっぱしてます。


上京区役所、恒例の生活資金貸付民商相談日を拒否
今年も11日から、京都市が生活資金を貸し付け相談を行なう。民商では通年化してほしいと要望を続けているが、とにかく年末には利用できて困っている人が助かる制度だ。

今年、区役所福祉事務所とのやり取りで、物理的に困難だとか、集中すると困るとかとを理由に?例年のような民商の相談日の設定ができないと言ってきた。

住民の自治への参加として、住民の団体の果たす役割は大きいし、むしろ、住民の中に行政の施策を徹底したり、住民の意見をまとめたりの機能は必要なものではないか?
昨年まで混乱したりせずに、民商会員さんや市民が民商相談日に参加して申し込んできた。

このような取り組みを拒む区の体質は、住民自治を発展させるビジョン・理念が欠けているんだろうと思う。

期間中の懇談も「物理的に困難」と申し込みの前日に、やっと30分だけの担当課長が「あってくれるらしい」とにかく民商代表が出かけることにした。
住民団体をどのようにみているのか?生活できないと苦しむ市民へのどんな対策を考えているのか聞いてみようと思っている


戦争と平和が話題になった
ピアノの調律士さんのお宅におじゃました。食堂に上げてもらって、ひとしきりしゃべった。
お生まれは1942,3年とか、お父さんは戦死して、顔も覚えていないらしい。お母さんは女手一つで2人の息子さんを育て上げ、そのおひとりが彼である。

お母さんは現在90歳を超えて健在、20代後半から70年余り大変な苦労があっただろうこと、想像がつかない。

私の母親も大阪大空襲のときに、大川をわたる線路の枕木を走って逃げ回ったことを話した。
先日の上京憲法平和まつりの取り組みを通じて、あらためて平和について語り合える雰囲気をもってこれたかなとわれながら・・・・

こんな人もいる、わが民商の自慢できること、民商の会の幅なんだと思うといって分かれた。ところで、ピアノ調律の世界も不況で暇になってきていると聞いた。いずこも同じか、頑張ってほしい「文化人」だ。


ワイワイがやがや、にぎやかなり、役員会
月に一度の本部役員会、寒い日になったもんだ。「仕事があっていけんわ」と電話が入る。いつも元気な女性はだんなの具合が悪くこれないらしい。

それでも、なんとか10人ほどが集まった。

国保署名はみんなしてくれる、反応ええで!同じ声があちこちから上る。やっぱり実際にやっていることは、身につくもんだ。この日も、みんな20、30と署名をもって会議に来てくれている。やっと1会員8筆を越えれそうだ。

やりきって、確信にしたい、変化をつくりたいが、山はあと20も30も越えないと届かないような距離にいる。

「コレ集めたら国保下がるんか」と議論になった。力を出すためには同じことを思っている会員の気持ちに応える頑張りと迫力がいるんだろう。

新年会や1月の会議を決めて、京商連の決起集会での民商の出し物を相談した。配役を決めて、音と振りを考えて・・・悪もん役はみんなの目線の集中で決まった。

わるもんはさっそく「滞納者に国保証はわたさんぞ」と大迫力でうなっていた。バッチシのキャスティング。会長は練習がいるぞといいだす始末。さてさて、楽しみになってきた。


憲法平和まつりが成功した
12月1日、上京憲法平和まつりと名うって、映画と展示、戦争体験などを聞く会、憲法ビンゴなどを「ちりばめた」イベントを行った。

民商だけでは、できないつどい、前日の夜から、朝から区内の9条の会の面々があつまり、高齢の方々も多いのでそれぞれのやれる範囲で準備にかかった。

京極春日学区でのミニ戦争展の経験があってできた!9条の運動の蓄積の発揮tぽいうところだ。

御苑のどんぐりの会もどんぐりで作った9条ブローチなどのお店を出してくれた。

交流会の発言者も、みなさん思いのこもったお話であった、聞くほうもしゃべるほうも真剣な場となった。

多くの方々に感謝、感謝、ただ感謝。今後にいろいろな財産を残したまつりだった。




Copyright © みんな 見て見てインターネットクラブ. all rights reserved.